fastlane matchで、ソースコードと証明書を管理するリポジトリは別にしておいたほうが、神のご加護を得られる話

会社でiOSアプリ開発をしています。

会社での開発は、だいたい次のような感じで”そこそこ”自動化しております。

  • fastlaneを導入
  • 証明書管理はmatch
  • 検証版とリリース用にlaneを書いて、コマンドを叩くだけでデプロイできるようにしている。

昨日、iOSアプリをリリースしようとして、fastlaneの証明書の解決ができなかったので6時間ほど格闘しました。

で、原因は不明なんですがいろいろ調べていくうちに解決はできました。

解決方法は、

fastlane matchで証明書を管理するリポジトリと、ソースコードを管理するリポジトリを分ける

でした。

・・・なんで解決したのかわかりませんが、githubのissueを読んだりしていると、なんとなく

ソースコード管理と証明書管理は別のリポジトリで行っている前提」

で話が進んでいたので、そのとおりに直してみた次第です。

(なんでかなー・・・

僕みたいに一緒にして管理している場合は悲しいことになりますので、注意しましょう

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.